妻にだけEDなのでタダシップを使う

健康的な夫婦生活には、健康的な性行為が必要です。

妻にだけEDに対する専門医の対応

近年の多様化に伴い、性生活も多様化し、昔の日本と異なり、一生で性行為をする相手は妻だけ、という時代ではなくなってきました。
性行為の相手が妻だけならば、一生の間、女性は妻しか見えないわけで、常に妻を見ただけで勃起、等といった具合になる可能性が高いでしょう。
しかしながら、今の世の中のように、妻以外の人たちとも性行為を経験したりすることが増えると、生活の中で、妻以外の女性も見えてきてしまうわけです。
そうなると、結婚したての頃は妻との性行為に興奮を覚えても、徐々に慣れてしまい、新鮮感等が薄れ、他の女性との性行為の方が興奮を覚えてしまうこともあります。
そうなると、「妻にだけED」ということになる可能性が出てきます。
別の可能性としては、他の女性とは、あくまでも性行為目的なので、何のプレッシャーもなくできますが、妻と子供を作るために性行為をするとなると、その「目的意識」が純粋な、リラックスした性行為を妨げ、下手すると、必ず性行為を完璧にこなさなければならない、といった過剰意識も芽生え、この場合も、「妻にだけED」となってしまう可能性が出てきます。
これらのような状況に陥ってしまうと、男性は意外と自力では立ち直れないものです。
そこで、やはり、専門医に診てもらうことがまず第一の方法ということになります。
専門医の方は、状況をしっかり話せばすぐに、「妻にだけED」という状況を把握してくれます。
そうなると、妻との性行為の時のみ、ED治療薬を飲むような指示などが出されますが、それに加え、よりリラックスすることとと、妻にも隠さずそのことを話、出来る限り、性行為に対して新鮮味を覚えた頃(=素人童貞程度の頃)のような感覚で、楽しんで性行為を行うようアドバイスがあるでしょう。